福祉事業者向けソフトウェア

保険請求、利用料請求はもちろん、日々のケア状況を記録するシステムを豊富に取り揃えております。
パソコン1台運用から、広域にわたる大規模事業者にも対応、事業内容に合わせ最善のシステムをご提案させていただきます。

ほのぼの(開発元:エヌ・デーソフトウェア株式会社)

  • 全国29,500件を超える導入実績(2014年3月末現在)
  • 介護保険法、障がい者総合支援法に対応した豊富なシステムラインナップ
  • 介護保険事業を運営しておりノウハウをシステムに反映
ほのぼの webサイトはコチラ

http://www.ndsoft.jp/新しいウィンドウで開きます

ほのぼのNEXT

おすすめソフト

CTIシステムの導入前、導入後の例

パソコンに向かって話した言葉がそのまま入力できる、音声入力視点システム。WordやExcelでも利用でき、幅広い活用が可能。

1.誰でも簡単!話すだけ 2.声の事前登録は不要!すぐ使える 3.介護福祉に特化!専門用語も対応
CTIシステムの導入前、導入後の例

福祉の森(開発元:株式会社日立システムズ)

  • 全国5,000件を超える導入実績
  • 介護保険法、障がい者総合支援法に対応した豊富なシステムラインナップ
  • ハウジングサービスもご提供
福祉の森 webサイトはコチラ

http://www.fukushi-no-mori.jp/新しいウィンドウで開きます

福祉の森FUTURE

おすすめソフト

デジタルペン(訪問介護事業所向け)

専用のペン、用紙を使用することで、サービス実施記録票に記入した文字を、パソコンに取込可能。事務所に戻ってからの転記作業が不要、業務負担の軽減に繋がります。

ボールペンと同じように記録紙に記入すれば、デジタルペン内に情報を蓄積します。

デジタルペン

サービス実施記録をデジタルペン対応用紙に印刷した専用紙を使用します。利用者宅に置いて履歴の確認や申し送りにも使用します。

専用紙

利用者のメリット

  • 記録ノートを利用者の手元に置くことで利用者やご家族が、いつでもサービス内容をご確認できますのでご安心いただけます。
  • 申し送り事項は記録ノートに記載してあるので、同じ内容を二重にヘルパーに伝えなく済みます。

ヘルパーのメリット

  • 介護事務所に戻った時にデジタルペン立てに「挿すだけの簡単作業」で、今まで手入力していた情報をPCに取り込みます。巡回後にそのままご自宅に帰宅することも可能となります。
  • 記録用紙の持ち運びの不便さを解消します。

事業者のメリット

  • ボールペンと同じ感覚でご使用頂けます。初めての方や、パソコンなどの機械が不慣れな方も、すぐに違和感なく、ご利用いただけます。
  • 記録用紙を持ち歩くのは紛失時に個人情報の漏えいなどの心配があります。デジタルペンであれば利用者の情報を暗号化していますので紛失した場合でも安心です。